豊澤早一妃から、あなたに伝えたいこと~生き方のちょっとしたコツ~ | [01]一流の「男(ヒト)」

あなたに伝えたいこと ~生き方のちょっとしたコツ~

HOME > [01]一流の「男(ヒト)」

私のCA時代の17,050時間のフライト(距離にすると地球を350周ほどになります)の乗務経験のなかでは、さまざまな出会いがあり、数え切れないほどのお客様に接してきました。その経験から、私が「この方は、一流を極めた人だ」と感じたのは、次のような方々でした。
[01]一流の「男(ヒト)」     あいさつをキチンとしてくださる人
    笑顔で「ありがとう」と言ってくださる人
    「ありがとう」の回数が多い人
    言葉をかけてくださるのが上手な人
    頼みごとのタイミングが絶妙な人
    人を見下すような物言いをしない人
    「自分が~」「俺が~」と我を通そうとしない人
    その場の状況をすぐに察知できる人
    人に関心を持つことができる人
このような方々に共通しているのは、私たち(=サービスを提供する側の人)を「やる気」にさせてくれる人ということでした。

すごく忙しくて、お客様のご要望にすぐにお応えできない時、わかっているんだけど手がまわらない時などでも、「いつまで待たせるんだ!」と感情的に自身の不満をぶつけることなく、
「手が空いた時でいいから」
「忙しそうだけれど、お願いできる?」
と、サービスを提供する側の人を気遣う言葉を、穏やかな口調でいただいたりすると、
「本当に申し訳ない」
「何とかして、このお客様にはお応えしたい」
と、俄然はりきりだしたものでした。

このように、一流を極めた人は、「相手を上手に動かせる人」でした。

バラ園にもどるバラ園にもどる

01 一流の「男(ヒト)」