豊澤早一妃から、あなたに伝えたいこと~生き方のちょっとしたコツ~ | [10]目切り

あなたに伝えたいこと ~生き方のちょっとしたコツ~

HOME > [10]目切り

けっこう有名なレストランで、サービスはとても丁寧なのに、なぜか印象に残らないってこと、ありませんか? いまひとつ、もの足りないっていう感じ…そんなふうに感じたら、次のことを観察してください。
[10]目切り
ウェイトレスさんが、にっこり笑顔でお食事を運んできて「お持たせいたしました」とテーブルに置いた瞬間の「目線」。あなたの目を見ていますか?

その時に、どこか別の方向に向いている場合には、サービスを相手に印象付ける「最後の1秒のアイコンタクト」がなされていないんです。つまり「目切り」が早いと言えます。

もったいない!

目切りが早いと、相手に雑な印象を与えてしまって、サービスの余韻が残らないのです。せっかくの笑顔も、丁寧な言葉づかいも、目切りが早いばかりに台無しになってしまうのです。

お客様のテーブルに、お食事を運んだ時には、まずお客様を見て、物を見て、そしてもう一度、お客様を見る…もちろん笑顔で! この最後のアイコンタクトが、そのウェイトレスさんばかりでなく、そのお店のサービスの品質を向上させるのです。

サービスは1秒を惜しむことなく!
そして、これは忙しい時こそ効果的です。おわかりですよね?

バラ園にもどるバラ園にもどる

[10]目切り